マンションの天井は高いほどよいのでしょうか?

天井が低いと圧迫感があるので、同じ面積でも部屋が狭く見える。天井の高さの目安は2m40cmといいます。これ以上なら開放感のある部屋と考えられます。吹き抜け空間があると、さらに広々としているが、冷暖房効率が悪くなるデメリットもあります。

インターネットでもできる大好きな希望エリアで分譲マンションを安く買う方法

マンションのラーメン構造とは?

マンションの構造は、ラーメン構造と壁式構造に大別されます。
ラーメン構造は、鉄骨や鉄筋は入った柱と梁で建物の重量を支える工法。
部屋の中に出っ張り(梁)ができる。特にリビングなど広い部屋の場合は、
天井に補強のための小梁があるため、室内を狭く感じさせることもあります。その代わり間口を広くとれ、間取り変更など自由がきくのがメリット。
一方、壁式構造は、壁で建物の重量を支える構造です。比較的低層のマンションで使われることが多く、室内に梁が出ない分部屋が広く使え、開放感も
あります。但し、強度を保つために開口部があまりとれず、リフォームの際
に壁が撤去できないなどのデメリットがあります。

インターネットでもできる大好きな希望エリアで分譲マンションを安く買う方法

マンションのパイプシャフトは必要でしょうか?

給排水管は約15年、配水管は約20年で取り替えるのが目安です。
新築当時からパイプの寿命を想定して、取替えやすいプランにしていたり、
シャフトを外しやすくしておくと修理がしやすいので、必要と考えます。

インターネットでもできる大好きな希望エリアで分譲マンションを安く買う方法

マンションのRCとSRC構造ではどちらが強いでしょうか?

耐震性には差はありません。
むしろ建物規模で使い分けているのが現状のようです。
鉄筋コンクリート(RC造)と鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)とでは、
耐震性にはあまり差がないようです。
一般に7〜8階建てまではRC造で、それ以上はSRC造と・・・
建物の規模により選ばれているようです。

インターネットでもできる大好きな希望エリアで分譲マンションを安く買う方法

マンションのルネス工法は何のことですか?

梁の位置を天井ではなく、床に逆転させた工法。
天井に梁がなく、床下に約60cmの空間ができるため、容積は約25%
アップし、床下を収納スペースにも使え、堀こたつや埋め込み式の浴槽
の設置もできるようです。

インターネットでもできる大好きな希望エリアで分譲マンションを安く買う方法

マンションの1階住戸は地震に弱い?

阪神淡路大震災では、マンションの安全性が取りざたされていますが、
建物形状や揺れ方によっても被害には差があり、単純に1階が弱いと
はいえないようでした。
1階がピロティ(柱だけの開放空間)になっている旧建築基準法で作
られた建物は、専門家の耐震診断を受けたほうが、やはりよいです。

インターネットでもできる大好きな希望エリアで分譲マンションを安く買う方法

マンションの段差はなぜできるの?

洗面所など床に給排水管を通す場所には段差ができやすいものです。
畳を敷く和室との床だけのリビングでも出る場合もあります。
高齢者や子供にいる家庭では、なるばくフラット構造のものを選ぶ
ほうが、やはり安全です。

インターネットでもできる大好きな希望エリアで分譲マンションを安く買う方法

マンションの小梁がないのは大丈夫?

マンション室内に出てくる邪魔な小梁をなくすアンボンド工法や
ボイド工法を採用することが増え、建物の重量を支える小梁がない
ので、内部構造で補強している。その分、床スラブの厚さは180o
や200mmと厚くなっていますので、強度上ではそれほど問題はない
ようです。

インターネットでもできる大好きな希望エリアで分譲マンションを安く買う方法

マンションの生活音は漏れないでしょうか?

固体を伝わる床衝撃音と異なり、隣住戸や窓からの騒音など空気を
伝わってくる音は、「D」という遮音性能値で表します。
Dの値が大きいほど遮音性能が優れているということになります。
一般にD−50が目安です。
この数値は、隣住戸との戸境壁の厚さが15cm程度あれば十分と
いうことです。

インターネットでもできる大好きな希望エリアで分譲マンションを安く買う方法

マンションの上階の音はうるさくないか?

マンションの遮音性は「L」値で表し、Lの数字が小さいほど遮音性能
がよいことになります。
上階から伝わってくる音には「軽量床衝撃音」(スプーンのような軽い
物を落とした時にでる音)と「重量床衝撃音」(重い物を落とした音=
ドスンとする音)があります。日常生活の中にでは軽量床衝撃音の方が
断然多いです。
軽量衝撃音の場合は、床の仕上げと大きな関係がでてきます。
フローリングよりカーペット敷きの方が一般的に遮音性は優れています。
フローリングにするならスラブ厚と板張りの間に特殊制震ゴムシートを
挟むなど遮音処理でやわらぎます。
軽量床衝撃音の遮音性ついては、L−50を目安にしたいものです。
重量衝撃音の場合は、L-55を目安と考えます。

インターネットでもできる大好きな希望エリアで分譲マンションを安く買う方法

マンションの床の安全な厚みとは?

鉄筋コンクリートの床版のことをスラブといいます。
一般基本的として床の厚さが建物の安全性を揺るがすような
ことがないと考えられてます。
全体の広さのバランスや構造仕上げ上にも関わります。
スラブ厚は一般に150o以上あれば遮音性が得られると言
われています。

インターネットでもできる大好きな希望エリアで分譲マンションを安く買う方法

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。