マンションの上階の音はうるさくないか?

マンションの遮音性は「L」値で表し、Lの数字が小さいほど遮音性能
がよいことになります。
上階から伝わってくる音には「軽量床衝撃音」(スプーンのような軽い
物を落とした時にでる音)と「重量床衝撃音」(重い物を落とした音=
ドスンとする音)があります。日常生活の中にでは軽量床衝撃音の方が
断然多いです。
軽量衝撃音の場合は、床の仕上げと大きな関係がでてきます。
フローリングよりカーペット敷きの方が一般的に遮音性は優れています。
フローリングにするならスラブ厚と板張りの間に特殊制震ゴムシートを
挟むなど遮音処理でやわらぎます。
軽量床衝撃音の遮音性ついては、L−50を目安にしたいものです。
重量衝撃音の場合は、L-55を目安と考えます。

インターネットでもできる大好きな希望エリアで分譲マンションを安く買う方法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。