マンションのラーメン構造とは?

マンションの構造は、ラーメン構造と壁式構造に大別されます。
ラーメン構造は、鉄骨や鉄筋は入った柱と梁で建物の重量を支える工法。
部屋の中に出っ張り(梁)ができる。特にリビングなど広い部屋の場合は、
天井に補強のための小梁があるため、室内を狭く感じさせることもあります。その代わり間口を広くとれ、間取り変更など自由がきくのがメリット。
一方、壁式構造は、壁で建物の重量を支える構造です。比較的低層のマンションで使われることが多く、室内に梁が出ない分部屋が広く使え、開放感も
あります。但し、強度を保つために開口部があまりとれず、リフォームの際
に壁が撤去できないなどのデメリットがあります。

インターネットでもできる大好きな希望エリアで分譲マンションを安く買う方法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。