不動産カテゴリの記事一覧

超高層マンションの選び方・買い方・住まい方―物件のチェック方法から資金計画まで |山下 和之

超高層マンションの選び方・買い方・住まい方―物件のチェック方法から資金計画まで超高層マンションの選び方・買い方・住まい方―物件のチェック方法から資金計画まで
山下 和之
日本実業出版社 刊
発売日 2003-01




わかりやすい内容でした。 2003-02-26
使用しているデータが非常に新しく、かなり現実的な内容です。
データの分析等、少し堅苦しい話から、実際に超高層に住むと
どういうことがあるのかという具体的な話まで書かれていて、
これから超高層マンションに住むことを検討している人に
オススメしたい本です。


さらに詳しい情報はコチラ≫


あなたのマンションが廃墟になる日――建て替えにひそむ危険な落とし穴 |山岡 淳一郎

あなたのマンションが廃墟になる日――建て替えにひそむ危険な落とし穴あなたのマンションが廃墟になる日――建て替えにひそむ危険な落とし穴
山岡 淳一郎
草思社 刊
発売日 2004-03-26




永住するつもりで購入したのにローン完済時には住めなくなる?! 2005-03-03
 マンションに住んでいる人にとって、本書は、とても勉強になります。同時に、ぼんやりしていると今住んでいるマンションから追い出されるかもしれない、という危機感を呼び覚ましてくれる本でもあります。
 皆さんはご存知でしたか。
 マンションの所有関係を規定する法律である区分所有法は1983年と2002年の法改正で、建て替えを推進しやすいように変更されたことを。
 それまでは「全員合意」が原則だったのに1983年の法改正で「五分の四以上の賛成」と条件が緩和され、2002年には客観要件を削除した区分所有法改正案が成立してしまいました。
 客観要件が削除された、ということは、修理すればまだ使えるかもしれないマンションでも、「ともかく建て替えればいいじゃないか」というお金に余裕のある所有者が8割に達すると、建て替えられてしまうということです。賛成できない残りの2割の人は建て替えに伴う負担を負いきれない可能性が高く、もしも強引に建て替えが行なわれれば、参加できない人(主に高齢者)は「住宅難民」にさせられてしまうのです。
 自分が高齢に達した時のことを想像すると、とても恐ろしい話です。
 鉄筋コンクリートで長期間使えるはずなのに、なぜか日本のマンションは「30年」という欧米の3分の1にも満たない短い期間で破壊され新築されている、と著者は言います。大手不動産会社や建設会社の強い圧力を指摘する著者は、その元凶である田中角栄に舌鋒鋭く迫ります。
 単に過去を糾弾するだけでなく、神戸震災で表面化した被災マンション建て替え問題、破壊せずに建物を再生させるリファイン建築の実例、太陽の光を利用したシステムや「無暖房住宅」、定期借地権の本来の姿など、今後の希望のタネも著者は提示しています。
 著者の「スクラップ&ビルドは結局、高くつく」という主張が伝わってくる一書でした。

マンションを買えば、いつか必ず。 2005-02-02
 今、マンションは、一戸建てへのステップではなく、終の棲家として、買われるようになってきています。
 一方で、日本のマンションは、30年で、建て替えられています。
 つまり、30年ローンを払い終えて、定年を迎える頃に、建て替えの時期が来てしまいます。もちろん、建て替えるにはまた、一千万円、二千万円といった、お金が必要です。お金がなければ、廃墟になるだけです。
 この本には、そんな生生しい現実が、レポートされています。
 第1章では、建て替えに失敗した団地の事例が、第2章では、マンションの寿命を30年にした日本の政治の歴史が、第3章では、阪神淡路大震災での建て替え問題が、第4章と第5章では、日本とヨーロッパでの建て替えずにマンションの寿命を延ばす事例が。
 マンションを、30年で壊してしまうのではなく、40年50年と持たせるのは、持ち主である管理組合の力です。
 マンションを買った人、これから買おうと思っている人に、是非読んでもらいたい本です。

考えさせられる内容です 2005-01-24
区分所有という概念は日本独特のものであるということには少なからず衝撃を受けました。住宅のメンテナンスに対する考え方が欧米人とは根本的に異なる日本人が、50年も100年も住宅の質を維持することがどんなに困難か、考え方の異なる住人が何十、何百も同じ屋根の下に住むこと自体にそもそも無理があることを、この本を読む前からなんとなく感じてはいましたが、それが確信に変わりました。マンションがダメだというつもりはまったくありません。私自身も自己所有のマンションに住んでいます。共同住宅の資産価値を維持することはとても大変なことであるということを、少しでも多くの人にわかってほしいと思います。


さらに詳しい情報はコチラ≫


元気になる!幸せマンション購入術 |小島 ひろ美

元気になる!幸せマンション購入術元気になる!幸せマンション購入術
小島 ひろ美
アスコム 刊
発売日 2003-08




とっつきやすい。 2004-06-26
物件・不動産会社の見極め、契約・ローンといった注意事項などマンション購入に至るプロセスの基本的な部分をマンガちっくにわかりやすく纏めた書。著者の小島女史は「女性のためのマンション研究会」代表で、マンション購入を考えるシングル女性にとってはいわばカリスマ的存在。わたくしも以前不動産会社勤務時代に女史の講義を拝聴する機会がありましたが実に説得力がありました。参加する女性を「買う気にさせる」その話術。実際、「研究会」の物件見学会は不動産会社側が手数料をキックバックしているので純粋にマンション購入を「購入者の立場からのみ」サポートしているとは言えないかもしれませんが、それはそれ。やはり不動産取引という得体の知れぬ世界の障壁を低くした女史の功績は大です。ただ、本書はとっつきやすさ重視である意味初心者向けなので実際に契約書に判をおす前にはもう少しつっこんで書いてある本にも目を通しておいたほうがよいかも。ダイヤモンド社から最近刊行の「マンションはこうして選びなさい」が本書の次に読む本としてはおすすめです。

女性×シングル=マンション購入 2003-10-17
 独身女性に、『今』、幸せになるために、マンションを買うことを勧めている本です。
 資金面では、例えば、税込年収が400万円で、貯金が300万円ある場合、『小島ひろ美式計算法』によると、
 400万円×0.2=80万円、80万円÷12÷0.0035=1,905万円、1,905万円+300万円−105万円=2,100万円。(数字の詳細は本書を見てください)
 2,100万円までのマンションなら、買えるそうです。逆に言うと、これより高いマンションには、決して手を出してはいけません。
 別に女性でなくても、独身であれば、ワンルームでもなくファミリータイプでもないマンションを買って、元気になれるのでは、と思いました。
 ただ、マンション管理士としてひとこと言わせてもらうと、『マンションの管理は人任せでいい』という姿勢で書かれているのが気になりました。
 マンションを買う場合、自分の部屋の中(専有部分)だけでなく、外側(共用部分)の管理にも、興味を持って欲しいのです。


さらに詳しい情報はコチラ≫


なにがなんでも中古マンション―理想の家探し |赤松 珠抄子

なにがなんでも中古マンション―理想の家探しなにがなんでも中古マンション―理想の家探し
赤松 珠抄子
講談社 刊
発売日 2004-05




購入マニュアルにはなりませんが・・・ 2006-03-05
空間デザイナーが自身の家さがし体験をもとに書いたエッセイ。



中古マンションを買う際のチェックポイントが網羅的に書かれているわけではないのでいわゆるマニュアル的利用には向きません。ただ、今のご時世、マンション選びと言えば構造問題だの品質だの「粗探し」「疑心暗鬼」的観点ばかりにおぼれてしまいがち。



でも、本来、住まいさがしって楽しいものなんじゃ?新居での生活に思いをはせながらイメージを膨らませていく。本書の著者は空間デザイナーであるだけにその辺はお手のもの。検討するために訪れた物件のインプレッションは読んで楽しいし、著者が言うチェックポイントは家をさがしたことある方なら「そうそう」と納得するポイントも多い筈。



惜しむらくはあまりにもサラっと書かれすぎていて面白いネタが膨らみきっていないことですかね。マンションさがしてる人・これから買いたい人は読んでみると面白いかも。

参考になります 2005-03-24
約1年後に引越し予定、新築、中古物件を併せて物色中です。
そのとっかかりの参考にと本書を読みました。
面倒くさがりなので新築のきれいな状態に移り住む方が楽だなと思っていましたが、
中古を自分の住まいに作り変えて暮らすのも、
楽しく良いものだと感じました。
マンションの初購入経験者としての目線で、
購入を決心したときから、引渡、改装までの体験談を、
アドバイスとともに語ってくれています。
契約やローンのことなど、
本当に何も分からない状態の者(私)にとっては、
ごく簡単に書かれている最後の注釈など、とても参考になりました。
最初の理解はこの程度から始め、
少しずつ難易度を高めていくのが分かり易いのではないかと・・・。
購入の全体像が分かる、簡単な入門書のような感じです。

あっという間に読めました 2005-03-21
悪条件の中、理想の家探しに奔走する物語。

作者が見学した物件ごとに、章立てになっている。

章の最後に学習ポイントが書かれているので分かり易い。



一番心に残った学習ポイントは、

「家には必ず相性がある。だから出会いの瞬間を信じて待ちたい」



何件も何件も見学に出かけては、うまくいかないといった

苦労の連続のストーリーを読んだ後だ ̄ ̄からなのか、心に響きました。



中古マンション購入ノウハウについては、

情報量が少ないので、別の本をお勧めします。


さらに詳しい情報はコチラ≫


マンション建替えの法と実務―同潤会江戸川アパートメントの事例に学ぶ

マンション建替えの法と実務―同潤会江戸川アパートメントの事例に学ぶマンション建替えの法と実務―同潤会江戸川アパートメントの事例に学ぶ

有斐閣 刊
発売日 2005-06




できるんだ、マンション建替え 2005-07-22
マンション建替えは、法律ではともかく、実際には、全員合意でないとできないものと思っていたが、この本を読んで、住民の多数決でもできることがよく分かった。内容が少し難しいが、老朽化マンションの住民に、建替えへの勇気をくれる1冊だと思う。

できるんだ、マンション建替え 2005-07-22
マンション建替えは、法律ではともかく、実際には、全員合意でないとできないと思っていたが、この本を読んで、現実に、住民の多数決でできるということが、よく分かった。内容が少し難しいが、老朽化マンションに住む者に、建替えへの勇気をくれる1冊だと思う。


さらに詳しい情報はコチラ≫


無責任の連鎖 耐震偽装事件 |産経新聞社会部取材班

無責任の連鎖 耐震偽装事件無責任の連鎖 耐震偽装事件
産経新聞社会部取材班
産経新聞出版 刊
発売日 2006-05-31




新しい情報は無い 2006-06-21
事件発覚当時からこの事件に興味を持ち、マメに新聞記事を読んできた私にとっては、

特に目新しい情報を得ることは出来ませんでした。

結局、悪意を持って故意に組織的に偽装は行われることは無かった、というのが結論のようです。

事件を改めて整理してみるのには、いいかもしれません


さらに詳しい情報はコチラ≫


ホーンテッド・マンション |ラッセル スピナ・ジュニア

ホーンテッド・マンションホーンテッド・マンション
ラッセル スピナ・ジュニア
大日本絵画 刊
発売日 1995-01




小さい子供から、大きい子供まで、みんなで楽しめます。 2002-05-24
小さいときに大好きだった、仕掛け絵本。このサイトで見つけて即、買いました。ページを開くと、立体的に飛び出してくる絵、矢印を引っ張ると変化する絵。とても懐かしく、昔の、なんにでも驚き、喜んでいたときを思い出しました。内容は、ディズニーランドのアトラクション、「ホーンデットマンション」に沿ったものです。


さらに詳しい情報はコチラ≫


マンションは何千万円もして人生最大の買い物なのに耐震偽装か、手抜き工事か、わからないしどうやって選んだらよいかわからない人が読む本 (2006〓2007) |高田 七穂

マンションは何千万円もして人生最大の買い物なのに耐震偽装か、手抜き工事か、わからないしどうやって選んだらよいかわからない人が読む本 (2006〓2007)マンションは何千万円もして人生最大の買い物なのに耐震偽装か、手抜き工事か、わからないしどうやって選んだらよいかわからない人が読む本 (2006〓2007)
高田 七穂
エクスナレッジ 刊
発売日 2006-03




1册分で5冊分の情報量! 2006-04-20
とにかく詳しい、というのが感想。他の本ではあいまいな表現になっていることもびっちり数字などを用いてきちんと書いてある。実例がおおいのとイラストが面白いので、多い文字量も気にならない。ほかの本を5冊買うなら、この本一冊買ってみるのがいいと思う。

耐震偽造や金利上昇時のローンのこともしっかり書いてあったので、今買うかどうか考えているときに役にたった。


さらに詳しい情報はコチラ≫


マンション買って部屋づくり |岸本 葉子

マンション買って部屋づくりマンション買って部屋づくり
岸本 葉子
文藝春秋 刊
発売日 2002-10




岸本本の魅力 2005-02-11
私が本書で魅力を感じた箇所のひとつ、それを引用する。
「(略)「こんな本を読む自分」であることを確認したい、知的虚栄心のようなものがあったということだ」(P.205)
たとえば、履歴書の趣味欄に"読書"と誇らしげに書く人、
身に覚えはありませんか。
少なくとも「これは他ならぬ私のことだ!」と痛感した。
著者の一連の作品の良さは、
このように自分を客観視できる知性に支えられていると思う。
マンションを何十年かのローンで買われた岸本氏。
返済にささやかながら協力させて下さい。これからも著書を買っていきます。

独身女性がマンションを買うということ。 2002-12-12
案外簡単に買えたそうだが、それにまつわる色々な発見が面白い。
その部屋との出会い(中古物件を購入するのですが)や、
部屋の中を作っていく様子。
カーテンって、洗濯しないとこうなるのね、というちょっととぼけた
感じも、いつもの岸本さんらしい素直さで描かれていて好感。
マンション購入を考えている、独身女性はもちろん、その他のマンション購入者にも参考になります。
なにより、エッセイなのに、あれこれ事件が起こるところが、
(マンション購入という一大イベントですから!)
本当に面白いです。一気に読んじゃう感じですよ!

マンションを衝動買いした仲間として 2000-11-04
私も著者と同じように一人暮らしで、しかも著者と同じようにマンションを衝動買いしてしまいました。年齢もさほど遠くないことから、大変共鳴できる内容でした。衝動買いをしたものの、分不相応な借金を抱えることになり、少し落ち込んでいた私にこの本は勇気を与えてくれました。あるがままの自分の生活を楽しむ、著者の前向きな姿勢が少し私の心を楽にしてくれました。


さらに詳しい情報はコチラ≫


亡国マンション The Truth of Defective Condominiums |平松 朝彦

亡国マンション The Truth of Defective Condominiums亡国マンション The Truth of Defective Condominiums
平松 朝彦
光文社 刊
発売日 2006-01-24




良書。 2006-02-20
全体としてはそれほど目新しいことが書いてあるわけではないが、今の日本でマンションを買うということのリスクを改めて考えさせてくれる。

姉歯元建築士の偽造は確信的になされたものではないかという指摘が興味深い。

マンションの住い方を考えるための必須の本 2006-02-12
正直、一気に読み終えて感動している。



本書の主張には、外断熱、スケルトン/インフィル方式など、これまで自分が興味を持って進めて来たこととかなり重なる部分があった。先日実験棟におじゃました大分の研究所さんなどは泣いて喜ばれるのではないだろうか?建築にかかわるものとして、ここで提示されているマンションの考え方は、ひとつの未来像を描き出している。



また、マンション所有の「管理法人化」という考え方も、ふりかえってみれば「明日の田園都市」、レッチワースで十分に実現された形態であったわけだ。税金うんぬんという議論には、正直賛否両論あるかと思われるが、「つくば方式」に代表されるような「利用権」を前提とするマンション建設方式は、マンションクレームのほとんどがごく表面的な仕上げの問題であることとあいあまって、今後のマンション建設の一つの潮流になるのではないだろうか?



建設業界を絶望が支配するこの時期、今後の福音ともなりうる名著であると信じる。業界のまわりの人間に配りたい。

取り壊すことを前提にして建てる 2006-02-10
江戸の街は木造住宅が密集している巨大人口の都市でした。数年に一度の割合で大火に遭っていて、何度も何度も焼けています。そんなにしょっちゅう焼けるとなると、建てるほうでも取り壊すことを考えて建てたそうです。一般庶民の住む長屋から大名屋敷に至るまで、取り壊すことを考えて建てたそうです。じっくり時間をかけて長持ちする頑丈な住宅を造ろう、という考え方は生まれてきませんでした。そんなことを考えても無駄でしょう。どうせ焼けるわけですから。



江戸や大阪で発達したのは、「狭い空間スペースをうまく有効利用する、大工の手仕事の巧みさを競う」という方向の伝統でした。「木で頑丈な長持ちする住宅を造る」という方向ではありません。伝統が進む方向が違う、とでも言ったらいいのでしょうか。



「土地値」という言葉があります。本当に価値のある不動産は土地だけで、上物(建物)は消耗品にすぎない、という考え方ですが、これが江戸時代から続く日本の建築・不動産業界の伝統です。建物があてにならないから、土地にばかり過剰に頼るような価値観が生まれてきて、これがバブル崩壊まで続いた土地神話のようないびつな形になって発達したのでしょう。建物さえ、住宅さえもっとしっかりしてくれていたら、国民の生活にもっと余裕が生まれるはずです。



これは世界中どこの国にでも共通してあてはまる価値観ですが、住宅の耐用年数の長さと、生活のゆとり・余裕は比例します。両者は正比例の関係にありますから、耐用年数が30年程度で尽きてしまうような国では、経済的余裕は生まれてこないでしょう。


さらに詳しい情報はコチラ≫


一流建築家の知恵袋 マンションの価値107 |碓井 民朗

一流建築家の知恵袋 マンションの価値107一流建築家の知恵袋 マンションの価値107
碓井 民朗
講談社 刊
発売日 2003-06




床・壁などどこに注意するべきかわかる 2006-02-06
色々と読み比べていますが、マンションの構造のチェックについてどういうところに注目すべきかが良くわかりました。しかし、ここに書いてあるないようだけでは判断するには不十分なので、ここのキーワードを手がかりに、他の本・インターネットで調べることが必要となります。

新書で読みやすいのも良いと思いました。

マンションの設計者の本音が書かれている。 2005-07-19
さくら事務所の本に比較して,実際にマンション作りに関わった経験が有る人が書いているので信頼できる。多くの不動産会社やゼネコンと付き合わなければこの様な文章は書けないと思う。この著者が何故「マンションはこうして選びなさい」(ダイヤモンド社)という本でさくら事務所の長嶋氏と対談したのか理解に苦しむ。さくら事務所の本で書いている内容とレベルが違いすぎる。さくら事務所のメンバーは三流不動産会社かその辺の工務店に居たレベルと思われても止むを得ないレベルと思われる。

三井不動産は未だにこの本の通りです。 2004-05-08
「巷「マンション本」の中では良書ですが」と書いた方へ,先日も三井のマンションのモデルルームへ見にいきましたが,この本の通りでした。相変わらずオプション満艦飾でしたし,ファミリー向けマンション
の見えない所は更に質が悪くなっていましたよ…。


さらに詳しい情報はコチラ≫


サラリーマンでも「大家さん」になれる〔藤山流〕成功の奥義 |藤山 勇司

サラリーマンでも「大家さん」になれる〔藤山流〕成功の奥義サラリーマンでも「大家さん」になれる〔藤山流〕成功の奥義
藤山 勇司
実業之日本社 刊
発売日 2004-05-29




勉強したんだなと思います。 2005-10-02
不動産というのは、紙の資産(株や預金等)と比べると管理が難しく、流動性も悪い。この方が成功したのは、ほんとよく勉強しているからであると思う。
投資物件が増えるにつれて、この方の知識も増えてさらに成功につながったのであろうと思う。
例えば、訴訟問題は弁護士を使わずに、裁判官を活用しよう(小額訴訟制度)
法律とくると弁護士に頼まなければと思いがちだが、弁護士とはただ高い手数料をとるだけで役にたたない弁護士もいるそうで、、自分で勉強してみてできる事は自分でやっていく→丸なげせずにこうやって自分で解決してきた人のアドバイスだから本当に勉強になる。
ただ、1度読んだだけでは、理解できないというか頭にのこらないので、何度か読みなおす必要があると思う。
第3談では、勉強のし方や、活用した本などを紹介してくれるとよいのですが、、(宅地建物取引主任者の資格はもっているようである。)

実行力が大事(2億円も投資できるか?) 2005-08-13
 前著に続いて、藤山さんの本を読みました。今回の本は、不動産投資(経営)のノウハウ本と言うよりは実録本という感じなので、不動産投資の本としては、藤山さんの行動力に感心した以外は、前著には敵わない気がします。
 但し、読む人の目的と好みにもよると思いますが、以下の二点に関しては良む価値のある良い本だと思います。
1)成功者の一人である藤山さんを目標にして、頑張ろうというと気持ちを刺激して、自分を鼓舞する。たとえば、本に書かれている投資額は、サラリーマン個人では、かなり勇気のいる数字だと思う。
 投資額    家賃収入(年間)
サラリーマン時代:   9900万円   1470万円
前著が出るまで : 1億5900万円   2910万円
本著がでるまで : 1億8300万円   3820万円
2)もう一つの視点は、サラリーマンへの応援歌である。世渡りが必ずしも器用でなかった著者の経験から、サラリーマンを応援している。著者の経験(サラリーマン時代に身に付けた能力)から、世間一般のサラリーマンが身につけるであろう能力を大家さん経営にも活用することで経済的な自由を獲得し、本業のサラリーマンに、生きがいを持って打ち込める暮らし の可能性を提案している。
 本書は、成功者の自伝を読んで自分自身のやる気を高める、自己啓発書として読むと、藤山さんの行動力にも感心するし、読んだ後の元気も出る本だと思う。

とっても役に立ちます。 2004-12-05
兼業大家さんになって、心のゆとりを得たいと思って
いる方は、必読です。
ただし、「どのサイトを見れば安い物件があるんです
か?」「いい物件を紹介してもらえない。」などと言
う人は読んでも仕方がないかもしれませんね。
How toを簡単に求めすぎている方には向かないかも。
前書「46の秘訣」を読んで、裁判所に行ったり、不
動産屋さんに行ったりするくらいの行動派の方が読ま
れるといいと思います。
100%How toではないですが、自分の不動産投資ス
タイルを確立するために、非常に参考になります。


さらに詳しい情報はコチラ≫


貯金ゼロからマンション買っちゃいました |丸山 晴美

貯金ゼロからマンション買っちゃいました貯金ゼロからマンション買っちゃいました
丸山 晴美
青春出版社 刊
発売日 2002-02




マンション欲しくなってきた〜 2003-09-28
もともと浪費家だった丸山さんが家を購入するために
あれこれ工夫して節約し、4年で約500万円貯めた
住宅購入のバイブル(?)ともいえる一冊。
丸山さんオリジナルの家計簿は予算と出費が照らし合わせて
チェックできるので、ただいま実践しております。

かわいい子には旅をさせよ・・・ってほんとだなあ・・・ 2003-06-12
これはある意味、女の子の成長物語です。
就職もきまらずに東京に娘を送り出したご両親えらいです。
正直ラーメン屋のアルバイトとか、カラオケ店の店員とか・・・
ちょっとどういうひとなのかなあ・・・と思っていたけれど
きっといま、こんな命がけのフリーターはいっぱいいるに違いないとおもいました。
住み心地の悪い家賃5万円のアパートを出たくて、でもお金がなくて。
住宅展示場にふらっとでかけて、偶然みつけたお気に入りの家のために
俄然貯金にめざめて、自分の出費と生活を見直しはじめます。
節約に必死になっていると、友達には冷たい目でみられますが、
「うちのコンビニの店長やってくれない?」という人が現れ(やっぱり
みるひとはみているんですね!!)ついに頭金!500万円を27歳でためて、新築のマンションを買い・・・雑誌にはがきをだしたら取材がきて、節約家としてのお仕事が入るようになってコンビニ店長をやめています。
真剣にお金を扱うと、新しい生活がやってくるのですね!(笑)
もっともこの数千万円の借金を、「節約家」の仕事だけで
ほんとにすべて返せるのかはちょっと不安ですが、
ひたすら前向きに、努力して自分の足で立っているところには
好感がもてます。
きっと昔のひとだったら、お金のやりくりは母親から学ぶか
結婚してお姑さんから学んだんでしょうけれど、
わたしもふくめ、「いまどきの若い子」にとっては、
お手本はどこにもないし、とても参考になる本でした。

やる気! になれます 2002-05-22
何かを買いたい、何かをしたいためにお金をまず貯めなきゃ・・と思っている人、必読です! 今すぐお金をためよう、節約しようという気にさせてくれます。また、もしかして、こんな私でもマンションを買えちゃうってこと? という気にも。本当におすすめです。


さらに詳しい情報はコチラ≫


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。